2016年12月2日金曜日

2017 FUJI CUSTOMネタばらしその③ JARI, FEATHER CX+編


前回に引き続き2017FUJIのデモバイクのカスタムネタばらし、
今回はグラベルロードのJARIとFEATHER CX+のご紹介。


まずは2017年のニューモデルジャリ。名前の由来はもちろん「砂利」です。
従来のグラベルロードに利便性をプラスした実用的な一面も持つ、
マルチパーパスアドベンチャーロードです。


フレームセット販売となるJARI 1.1をベースにカスタム。コンセプトは日帰りツーリング。
コンポはSRAM REDとFORCEのミックスで1x仕様でサドルはBROOKSのB15、
OVAL CONCEPTS 527ホイールにPanaracerグラベルキング40cを装着。


ステム、シートポスト、ハンドルはRitchey製で、敢えて丸ハンというところがポイント。
そしてブラックカモで統一されたフレームバッグとサドルバッグ、
これはどちらもPorcelainRocket製で500Dコーデュラナイロンを採用するタフなバッグです。
このセットで簡単な飯盒グッズぐらいは収納できるので便利です。
更にキャリアが付けられるので、長旅の際はパニアバッグでキャンプセットも搭載できます。

乗り味はロングホイールベースの恩恵もあり安定性が高く、
軽量(バッグ抜きで9kg弱)なのでダンシングも軽く現行アルミロードに匹敵する運動性能で、
ツーリングからシクロクロスレースまでこれ1台でいろいろ遊べる万能バイクです。


お次はFUJIの定番グラベルロードFEATHER CX+。
グラベルロード黎明期の5年前から販売されているロングセラーモデルです。


こちらはJARIよりもヘビーデューティなツーリングカスタムで数泊対応可能な装備です。
BLACKBURNの前後キャリアにパニアバッグとハンドルバッグをオン、
サドルをSELLA ITALIAのFLIGHT1990に変更してフレームカラーに合わせて
FAIRWEATHERのタイヤ、バッグの差し色に合わせてケーブルをレッドに変更しています。


カスタムバテッドクロモリフレームは細身の造形美はもちろんのこと強度も優れているので、
これぐらいの積載量は耐えられます。耐荷重量はキャリアごとに設定されているので要チェックです。


自転車とアウトドア両方好きだという方にピッタリのバイクをご紹介しました。
車に積んで現地でライドを楽しむのも良いですが、
自走で目的地に行くことこそが究極のエコかもしれませんね。

次回はカスタムネタばらし最終回、シングルスピード編です。お楽しみに!

2016年12月1日木曜日

2017 FUJI CUSTOMネタばらしその② HELIONシリーズ, RAFFISTA, ROUBAIX AURA, PALETTE編


前回に引き続きカスタムネタばらし、今回はクロスバイクとミニベロのご紹介。
まずはクロスバイクから。


まずは2017年ニューモデルのRAFFISTAから。
タフなプラットフォームにシマノパーツで統一したFUJIのハイスペッククロスバイク。
バイカラーのフレームをブラックパーツで引き締めたFUJIらしい洗練されたデザインが特徴。


コンセプトは車で言うところのSUVを更にアクティブにアスタムした感じです。
タイヤは元々太めの32cが付いていますが、それを更に太いシュワルベのBig Apple 29x2.0インチに変更。
BROOKS COLTサドルに合わせてグリップをPDWのバーボングリップに変更、
サドルの交換に合わせてシートポストはTHOMSONのセットバックタイプに変更。
ハンドルをフレーム後ろ半分と近い色のGRUNGEマスターフィットライザーバーに、
ステムも同系色のノーブランドものに変更することでカラーバランスを整えました。
タイヤのインチアップが見た目のパンチが効いていて、
快適性が上がると同時に悪路の走破性も上がるのでアグレッシブな走りが可能になります。
キャリアマウントなど拡張性を持たせているところも見逃せないポイントなので、
ベージュカラーのフレームベースにツーリングカスタムなんかもカッコ良さそうです。


お次ぎはFUJIの定番クロスバイクPALETTE。
街の遊撃手的なアーバンストリートバイクをFUJIがカスタムすると、


ちょっと分かりにくい画像ですが、ポイントはフレームと同系色のサスペンションステム(OLD物)と、
SIM WORKSのGET AROUND BARの組み合わせにRIVELDELLのJACK BROWNのタイヤを装着。
差し色に赤いケーブルとフレームと同系色のヘッドスペーサーを付けて、
悪趣味一歩手前で押さえたストリート仕様になっています。
ここでは映ってないですが、サドルはSan marcoのConcorロブスターデザイン(白に緑柄)が付いています。


やっぱり悪趣味だな (笑) でもこれぐらいやらないと街じゃ目立てません!攻めの姿勢が大事です!
もちろんシュッとしたカッコいいカスタムなど色々ありますが、
こんなのもアリですよ〜というFUJIならではの提案でした。


お次はFUJIの快速フラットバーロードROUBAIX AURA。
ノーマル自体がこだわったパーツで構成されているのであまりイジるところが無いですが、
ここでは性能重視ではなくファッション的観点でカスタムしました。



シャンパンゴールドカラーをベースに赤を差し色に使いたかったので、
GRUNGEのステムのクランププレート、Dixnaのシートポストのヤグラ、
NITTOのバーエンドキャップでそれぞれレッドアルマイトをチョイス。
本来の上品な色味を崩さない、ちょっとスパイスの効いたプチカスタムで、
ビジュアルのような通勤スタイルのように他と差を付けるセンスの良さをアピールしましょう。


ここからはミニベロのカスタムネタのご案内。
まずはフラットバー仕様のHELIONから。


コンセプトはオシャレな普段の足スタイル。
ADEPTのバスケットはちょっとした荷物を運ぶのに便利。
Panaracerのミニッツタフ、San marco Rolls、ODIのVANSグリップでブラウンを差し色に入れました。
GIZAのライザーバーで乗車姿勢を上げて乗りやすくすることで普段使いしやすくしているのもポイント。


こういう日常で気軽に使えるオシャレなバイクは重宝します。
カスタムバテッドクロモリのフレームとフォークでキビキビ走ってくれるので、
スニーカー感覚でガシガシ乗ってもらいたいです。


最後はロード仕様のHELION R。
数あるミニベロの中でも走りの性能で評価が高いモデルとあって、
カスタムは性能と見た目の両方を重視した欲張り仕様にしました。


ドライブトレーンはSHIMANO 105へ換装してサドルはTIOGAのスパイダーツインテールに変更。
そして何と言っても目を惹くのがカーボンバトンホイール!
スパルタンなビジュアルは見た目だけでなく走行性能も格別です!
フルカーボンでバトンホイールとなると高嶺の花というイメージですが、
ようやく手の届く価格で出てきました!商品詳細はコチラ


リア変速11段化にフルカーボンホイールとなると操作時のレスポンスはもちろんのこと
軽量化やホイール剛性によってライドフィールもかなりシャープになります。
ということで今年要チェックなアイテムですね!


ざっとお伝えしてきましたクロスバイクとミニベロのカスタムネタばらし編ですが、
ドレスアップカスタムだけなら安価で済みますし、
思い切って性能アップを狙ったカスタムも新車を買うよりは安くつく場合がほとんどなので、
マンネリ化した日常をカスタムが変えてくれるかもしれません。

次回は今注目されているFUJIのアドベンチャーロード系のカスタム紹介です。お楽しみに!

2016年11月30日水曜日

2017 FUJI CUSTOMネタばらし BALLADシリーズ, STROLL編


今年もカタログやオフィシャルサイトに使用しているビジュアル用バイクのカスタム内容について
たくさんのお問い合わせをいただいているので恒例のカスタムネタばらしをやります。
まずはFUJIを代表するクロモリフレームのクラシックモデルからご紹介です。


まずはBALLADから。
ノーマル仕様はフラットバーながらロードジオメトリーのクロモリフレームということもあって、
見た目以上のスポーツ走行が可能な人気モデル。


コンセプトは女子でも乗りやすく洗練された都会的ネオクラシックスタイル。
NITTO B263ブルホーンにTempraのダブルブレーキレバーとNITTOバーエンドキャップ、
そしてBALLAD Rと同じダウンチューブシフターに変更してハンドル周りをスッキリさせ、
クランクはチェーンリングガードを外してDixnaのラクランクチェーンリングに換装して
より統一感のある煌びやかなシルバーパーツでまとめました。
サドルはSan marcoのRegal、タイヤはブラウンサイドに変更。
こういった派手ではないもののツボを押さえたカスタムはユーザーのセンスが垣間みれるところです。
ハンドル周りのカスタムはそれほど高額でもないのでチャレンジしやすいと思います。


お次ぎはロードタイプのBALLAD R。
ヨーロピアンビンテージな佇まいはノーマルでも十分ではありますが…


ブレーキ系統はDIA COMPEのGC610とDC165-EXの組み合わせに変更し、サドルはBROOKS B15、
エアポンプはビンテージでクランクはCNC処理されたエッジの効いたクラシックタイプに変更。


バーテープはベージュのコットンタイプへ変更してELITEのEROICAボトルをマウント。
モデルが着用するBarbourのビデイルにキャスケットの組み合わせも相まって、
コテコテのブリティッシュビンテージスタイルの出来上がりです。
このスタイルにツイードのニッカポッカー履いてツイードランに出れば完璧です!
クランク、サドルは高額ですが、それ以外のパーツは手を出しやすいので、
コツコツとカスタムを加えていくのも楽しみの一つですね。


お次ぎはシングルタイプのヨーロピアンクラシックバイクSTROLL。
これは乗り手によってカスタムの方向性が変わるバイクです。


ヨーロッパのファッションスナップでファッショニスタが乗ってそうな、というのがコンセプト。
サドルは定番のBROOKS B17、ハンドルはVELO ORANGEのmilano barに板チョコデザインのグリップ、
そして大きなポイントはVELO ORANGEのチェーンガード。
多少取り付けに加工が必要ですが、他のシルバーパーツとのバランスも良く、
洗練された大人の都会的イメージがにじみ出るツボを押さえたドレスアップカスタムです。
サドル以外はどのパーツもお手頃価格なのでチャレンジしやすいのもポイント。


最後におまけで今年のニューモデルのBALLAD OMEGAのカスタムのご紹介。
BALLADの最終形態ということでシリーズのトップモデルになりますが、
こちらはクラシックというよりはスポーティな要素を前面に打ち出したスペックとなっているので、
カスタムの方向性も既出のそれとはちょっと変わってきます。


カタログ等に使用しているビジュアルに登場するBALLAD OMEGAは、
フロントホイールをカーボンの3スポークバトンに変更しただけというシンプルなもの。
ドレスアップの意味合いが大きいものの、一点豪華カスタムの典型的スタイルです。


フレーム、フォークともカスタムバテッドクロモリの本格仕様なので、
ドライブトレーンをグレードアップさせて走りに効くカスタムももちろんあります。
こちらも乗り手の個性が出るバイクだと言えそうですね。

次回はミニベロやクロスバイクのカスタムネタばらしです。お楽しみに!

2016年11月28日月曜日

記事掲載のお知らせ(cyclowired.jp)

2016年11月26日付けでスポーツサイクリング情報ステーション cyclowired.jp(シクロワイアード)において、FUJIのバイクのインプレッション記事が掲載されましたので、お知らせいたします。


今回ピックアップされたのは、エアロロードのTRANSONIC ELITE。


インプレッションでは
 「足残り良く、巡行性能が高い。乗りやすいエアロロード」
 「ロングにクリテにエンデューロに。平地寄りのオールラウンドな性格」
との評価をいただきました。

詳しくはシクロワイアードの記事をご覧ください。
Link → 2017モデルインプレッション
    フジ TRANSONIC フレームセットアンダー25万円のプロユースエアロロード




公式サイトも併せてご覧ください。

TRANSONIC ELITE Link → スペック等詳細
当初リアのダイレクトマウントブレーキがチェーンステー用しか発売されなかったので、フロント用をリアに付けて発売していたという逸話があるほど最先端スペックのロードバイク。エアロロードプラットフォームにも関わらずそのシルキーな乗り味は多くの欧米専門誌に取り上げられ、ほとんどのエアロロードが荒れた路面を苦手とするのに対してTRANSONICはそれをチャンスに変えることができる。それでいて横剛性はクラストップで駆動伝達ロスが少ないので、ロードレー スはもちろんのことショートディスタンスのトライアスロンでもその性能は発揮される。そして何と言ってもライダーが限界に挑戦することが出来るコストパフォーマンスの高さがポイント。
Sizes:46cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm
Color(s):Avantgarde Black


雑誌掲載のお知らせ(クロスバイク購入完全ガイド2017)

2016年11月28日発売の「クロスバイク購入完全ガイド2017」(コスミック出版)においてFUJIのバイクが紹介されましたので、お知らせいたします。

37ブランド162台を収録した同誌では、クロスバイク選びのポイントからメンテナンスや走り方まで、初心者向けに優しく解説。加えて、30台を厳しくインプレッションした記事などが掲載されています。FUJIはインプレッション記事で定番のPALETTEとニューモデルのRAFFISTAが、ブランド紹介ページでROUBAIX AURAとBALLADが紹介されました。

こちらはPALETTEのインプレッション記事。遊び心溢れるカラーリングが特徴の同モデルですが、特に操作性、次いで発進・加速性能、コーナリング性能に高い評価をいただきました。


特徴となるカラーバリエーションはこちら。

PALETTE Link → スペック等詳細
FUJIを代表する定番クロスバイク。今年からクランクがシマノ製へと変更になり、ますます運動性能に磨きがかかる。細いチューブによるスキニールックなフレーム、そして遊び心溢れるカラーリング。 見た目にも走りにもこだわる人に最適なストリートバイク。
Sizes:15”, 17”, 19”, 21”, 23”
Color(s):Matte Black, Baby Blue, Purple Haze, Aurora White, Mustard

Matte Black

Baby Blue

Purple Haze

Aurora White

Mustard *誌面掲載Color


2017年モデルで新たにラインナップに加わったRAFFISTAのインプレッション記事。こちらでは「通勤だけでなく郊外にも出かけてほしい」「肩の力を抜いて楽しめる大人スタイルのクロス」というコメントとともに快適性とコーナリング性能で最高得点、次いで操作性、発進・加速性能、ブレーキ性能とも高い点数をいただきました。


RAFFISTAのカラーバリエーションはこちら。

RAFFISTA Link → スペック等詳細
新たにラインナップに加わった新型クロスバイク「ラフィスタ」。エアロシェイプされたトップチューブが特徴の新型フレームに、ACERAをメインにしたシマノパーツでコンポーネントを統一することで ワンランク上の走行性能はもちろんのこと優れた操作性とメンテナンス性を実現。やや太めの32cタイヤを標準装備しており、多少の悪路を難なく走破する機動性もポイント。 スタイリッシュなバイカラーが目を惹く全3色展開。
Sizes:15”, 17”, 19”, 21”, 23”
Color(s):Desert Beige, Cool Black/Silver, Garnet Red

Desert Beige

Cool Black/Silver

Garnet Red *誌面掲載Color


こちらはブランド紹介のページ。


各モデルのカラーバリエーション等詳細はこちらからご覧ください。
Link → ROUBAIX AURA 詳細
Link → BALLAD 詳細


*誌面の詳細については書店にて「クロスバイク購入完全ガイド2017」をお買い求めの上ご覧ください。